運動後に飲みたいカクテル

あなたが思う「無知」と、みんなが考える「タイフーン」は、もしかすると全然違うのかもしれない。そう想像してみると、なんだか変な感じがしない?
HOME

蒸し暑い平日の夕方は散歩を

知佳子はAさんの事が大好きな様子だ。
Aさんも知佳子の事を可愛がっている。
Aさんが出張が決まると、知佳子も連れて行ってもらっているし、この前は私も一日目だけ付き添った。
知佳子もAさんも私を同じニックネームで呼ぶし、何か意見を求める時は、一番に、私に質問してくれる。
なんとなしに可愛がってくれているような感じがして凄く雰囲気が良いと思った。

余裕で体操する兄弟と冷たい雨
出社のために何枚かスーツに合うワイシャツを所持しているけれど、大体購入するときに何枚も試しに着てみる。
それだけ、シャツに執着するのも変わっているかと思った。
だけど、仕事先で、シャツはオーダーでと言っていた方がいたので、ビックリした。
たしかに、ワイシャツひとつでスタイルが良く見えるので、いいかもと思った。

陽の見えない火曜の明け方はこっそりと

仕事場で着るスーツスカートを買いに来た。
コムサでモードなどフォーマルなところも良いけれど、ギャルショップも悪くないと思う。
20代くらいの元気な女物のショッピングビルでピタッとした服が多い。
金額は店舗によっての差があるのはもちろんだが、ほとんどがお手頃。
そこで、製品を探していたが、細身の物が多く取り扱われていた。
着てみると、ちょっとは都会的に見えるような気がする。
良い感じのショッピングが達成できて、とても満足した。

無我夢中でダンスする父さんと冷たい肉まん
今更ながら、小学生のころから高校生まであまり学習をしてこなかった。
周囲が必死で取り組んでいても、私は宿題として出された事をひたすら行うといった感じだったように思う。
なぜか、短大に入学してから自分の好きな分野の勉強に変わると、内容がどばっと入ってくるようになった。
そして、入社し、見習いを過ぎて本格的な業務を任されると、次は好き嫌い関係なく、勉強せざるを得なくなった。
しんどいなんて思う時間もなく、どうしても学ぶ時期が続いた。
頭を使う生活をしばらく体験すると、急に学生時代にしなかった学習を見直したいと思うようになった。
今では、同じことを言っている人が周囲に何人もいる。

前のめりで口笛を吹く先生とよく冷えたビール

盆が近づいて、とうろう流しなどの催しが近所で行われている。
近くの観光施設では、竹やペットボトルで工作されたとうろうが飾られていた。
近郊の観光施設では、夜に電気の照明はついてなくて、灯ろうの中の明かりだけなのは、すごく素敵だった。
竹やすだれの中で明かりが輝いていて、温和な灯りになっていた。
繊細な灯火がそこらの樹々を煌々と照らしていて非常に幻想的だった。

余裕で大声を出すあなたと月夜
憧れのモスクワに、必ずいつか行ってみたいという夢を抱いている。
学校での英語学習に無謀さを感じた時、ロシア語を学んでみようかと思い立ったことがある。
でも、ぱらぱらめくったロシア語基礎の参考書をみて一日で断念した。
verbの活用形態が突き抜けて例外だらけだったのと、会話の巻き舌も多い。
旅行としてズブロッカとボルシチを堪能しにいけたらいいなと思う。

雲が多い週末の午後は読書を

今晩は家族と外で食べる事になっているので、少年は行く前からワクワクしていた。
何を食べようかな、と夜が待ち遠しくて、いろいろと思案していた。
パスタやハンバーグ、春巻きやシュウマイ、などなど、メニュー表にはどんな料理があるのかと想像していた。
行く場所は最近オープンしたファミリーレストランだ。
お父さんが運転してくれている車はもうすぐお店に着く頃だ。
お母さんは助手席でお父さんとお喋りしている。
お姉ちゃんは少年の隣で、手鏡で前髪をチェックしている。
少年は車から飛び降りると、喜び勇んで入り口の扉を誰よりも先に開けた。

雲が多い月曜の明け方にシャワーを
「嫌われ松の子一生」というタイトルの番組が放送されていましたが、好きだった人も多いと思います。
実際に、連ドラは見ていなかったのですが、女優の中谷美紀主役で映画が放送されたときに、見に行きました。
考えます。
松子は容量が悪いからでもありますが不運な環境にて生きながらも、心まで悲観的になりません。
周りから見ると、かわいそうかもしれないけれど希望を捨てません。
幸せをつかむことについて、貪欲なんです。
そこに、リスペクトを感じました。
自分も幸せになりたいのに、チャンスがやってくると罪悪感がある。
などという、訳の分からない状態に陥っていた当時の私は、松子を見ていると、明るくなりました。
とても、面白い映画なので、一押しです。
あと、中谷美紀さんは、先生役でも、ソープ嬢を演じても、美容師を演じても、やっぱり綺麗でした。

天気の良い土曜の夕方にこっそりと

とある大きな内容の業務がやってきたとき「どうにかなる」などと思っていた入所当時。
当時の私たちチームのみんなが、「過ぎてしまったら大したことないよ」などとあっさり取り組んでいた。
そしたら指導専門の上司が注意したセリフが記憶に残っている。
「達成に向かってじゅうぶんに準備を進めたからこそ、業務終了後になんてことなかっただけ。
なので、このように楽観的に構えていて、たまたま仕事が大したことなかったという意味ではありません。
過ぎればなんてことないと言う裏の意味は、真逆です。
以前からしっかり勉強し準備を進めたからこそ力が有り余って、事が円滑に進んだという事を言っているだけです。
しっかり本気になれましたか?
なめてないで真剣に取り組んでください。」
という事。
その後、みんなそれに向けて全力をそそぎしっかり収めきることができた。

怒って泳ぐ彼女と穴のあいた靴下
息子がマルモダンスをまねしている。
教えたわけではないけれど、2歳だけど頑張ってまねしている。
映像の中でマルモのおきてのメロディが聞こえると、録画した映像を見ると主張して泣いている。
保存したものを見せると止まることなくずーっと休むことなく見続けている。
親だから、テレビを見続けるよりは本を読んだり、おもちゃなどで遊んだりしているのがいいのだけれど、忙しい時はテレビなどにたよってしまう。
少しでも、遊んであげたり、絵本を読んであげたりしようと思う。
大きくなったら必ず巣立っていくものだから、今だからこそ遊んでおくのも私の為でもある。

ラクダ

Copyright (C) 2015 運動後に飲みたいカクテル All Rights Reserved.