運動後に飲みたいカクテル

たとえば、地球に初めて来たエイリアンに「ゲーマー」を説明するとしたら、どんなふうに言う?「豚汁」の成り立ちとか、いや、そもそも地球や日本の説明から始まるのかもしれない。
HOME

一生懸命歌う彼女とあられ雲

わたしは、アレルギー体質で、コスメは少しも使ってはいけないし、洗顔石鹸も限定されている。
なので、果実やサプリの力に任せているが、最近摂っているのがコラーゲンだ。
緑茶に混ぜて、日々愛飲しているけれど、多少肌がつややかになった。
なんと、習慣にしてから調子が良くなるまで即効性があったので、驚いた。

気持ち良さそうにダンスする兄弟と夕焼け
旅行でも業務でも、韓国への渡航回数が多い。
なじみがあるのは、港町であるプサン。
観光ももちろんだが、特に女の人はコスメブランドや服など興味がある人も多いのではないだろうか。
韓国の人見かけへのこだわり、つまり自分磨きへの熱は素晴らしいといわれる。
就職活動や、結婚の際に、日本よりもあからさまに判断するシーンが多々あるとか。
という事で、韓国で発売されるケア用品は、肌に良い成分が日本の物より多く含まれているらしい。
という事で、合う合わないは出てくるものの、結果は期待できるのではないだろうか。

息絶え絶えで熱弁する友人と僕

なぜか肉類があまり好きではない食事は当然魚介類主流になる。
という事より、真夏の、土用の丑の日は、大した行事だ。
関東でうなぎを開くときには、背開きという習慣がある。
どうしてか話すと、古くから武士社会なので、腹開きといえば切腹に由来してしまい、よろしくないため。
もう一方で、関西で開く分には、腹開きの事が一般的。
説明すると、大阪の方は商人の場所なので腹を割って話しましょうという事につながるから。
逆説で、自腹を切るという言い方にも通じるので、状況によっては良くない時も。
説明すると、大阪の方は商人の場所なので腹を割って話しましょうという事につながるから。
逆説で、自腹を切るという言い方にも通じるので、状況によっては良くない時も。
上記の豆知識は、旅行会社で働いていた時に、毎回、お客様に話していたお話です。
横浜駅から乗り込みして、静岡の浜名湖のウナギを食べるために向かおうという目的。

どんよりした大安の早朝に読書を
セミも鳴かなくなった夏の夜。
少年は家の縁側に座って、西瓜をかじっていた。
西瓜をかじっては種を外に向けて吐き出していると、ときおりタネが飛ばずに、自分のお腹や胸に落ちる時もあった。
横に置いた蚊取り線香の匂いと、風の無い蒸し返す夜、それとスイカの味。
少年はそんな事を感じながら、残りの夏休みはどんなことして遊ぼうかな、と思っていた。

ひんやりした金曜の午前は友人と

育った地域が異なると普通に食べるものが異なることを二人で生活しだしてから大変認識することになった。
ミックスジュースシェイクしようかと家内からふと聞かれ、コンビニででも買っていたのかなと考えたら、作るのが一般的みたいだ。
ミカンやパイナプルとその他もろもろと氷をいれこんで、普通の牛乳を入れて家庭用のミキサーでミックスして完成だ。
ミックスジュースを作ったものを飲んだのは初体験だけれど、たいそう好きだった。
おいしかったし、おもしろいし、私もやっている。

どしゃ降りの週末の夜はこっそりと
近頃のネイルスタジオは、ジェルなど、非常に高い技が使用されているみたいだ。
多少安くなるインビをいただいたのでサロンに向かった。
思いっきり、カラーや雰囲気に関して、悩んでしまうので、デザインを伝えるのに時間を要した。
小指と薬指に、簡単なアートをしてもらって、感動し上機嫌になった。

ひんやりした金曜の夜にビールを

小学生のころから、本を読むこと好きでしたが、暇なときに、親が買ってくる本や図書室にある本を読んでいました。
本当に楽しんでページをめくるようになったのは、高校生のとき。
クラスで、吉本ばななさんのムーンライトシャドウを勉強してからです。
物語は、付き合ったいる人を失った主人公さつきの、高校のときの思い出がスタートです。
恋人が死んでしまう経験はその時もその後も、ないです。
しかし、高校生の私に主人公の絶望重なりました。
複雑な気持ちでした。
ヒロインと、高校生の私の年齢が近かった事、それも原因だと考えています。
読んだ帰りに、それを買ったのが文庫本を買った初めてでした。
このストーリーは、「キッチン」に収録されている作品です。
随分昔の小説ですが、永遠に色あせない素晴らしい作品かもしれません。

陽の見えない月曜の昼に冷酒を
少年はものすごく空腹だった。
来週から夏休みという頃、小学校から早足で帰っているときだった。
蝉は大きな声で鳴いている。
陽の光は強く、夕方でもいまだお日様は沈みそうになかった。
少年は汗をかきつつ一人で歩いていた。
友達と一緒に下校するのがほとんどだけど、今日はあまりにもお腹が減っていたため、急いで帰ってとにかく何か食べたかった。
少年が食べるつもりなのは、昨晩のカレーの残り。
昨夜のカレーは、まだ鍋にずいぶん残っていたはずだ。
ご飯だってたぶん、残ったのが冷蔵庫に入ってたはず。
少年はカレーの匂いを想像しつつ、早足で家を目指した。
すると顔からは汗がもっと噴き出してきた。

具合悪そうに叫ぶ妹と公園の噴水

このところは、砂浜に釣りに道具を持っていってない。
勤めでとってもせわしなく行けないのもあるが、しかし、とっても日差しが強いから、出かけづらいのもある。
それに、通りがかりでよく行く場所を観察していてもたくさん釣れている気配が全くないから、けっして行きたいとは思えない。
すごく回遊魚が釣れていたら出かけたくなる。

気持ち良さそうに吠える君と季節はずれの雪
最近、会社や家事に追われて、そんなに空いた時間がない。
ほんの少し時間が持てても、だいたい次の仕事の納期など、今後の期限が心にある。
そんな中、丸一日など時間ができると、めちゃくちゃ嬉しくなってしまう。
よ〜し、この少しだけ休日をどうやって使おうかと。
結局毎回、あれもしたい、これもしたいといった願望のみが重なり、すべては達成できない。
そして私はマイペースなので、気付けば時間は経過。
時は金なり、という言葉はまさによくいったものだと感じる。

ラクダ

Copyright (C) 2015 運動後に飲みたいカクテル All Rights Reserved.