運動後に飲みたいカクテル

みんなで「悲しみ」に関して考えてみない?そんなに頭を抱え込む疑問は無い気がするんだ、「罠」のことって。
HOME

悲しそうに吠えるあなたと私

友達とお昼に約束していた。
西鉄天神駅のいつもの大きめの広場。
そこで、少しばかり遅れると連絡が入った。
大きいテレビの前は合流場所なので、待っている人も次第に去っていく。
スマートフォンで音楽を聴きながら、人の流れを眺めていた。
でもあまりにも時間を持て余してそばのカフェに入り、ジンジャーエールを飲んでいた。
その後、同級生が待たせてごめんね!と言いつつきてくれた。
お昼どうする?と聞くと、パスタにしようとの事。
色々まわってみたけれど、良い感じの店を探せなかった。

薄暗い平日の午前に昔を懐かしむ
実行させたら、ものにするまでに多くの時間を要するものが、身の回りに多く存在している。
その一つが、外国語だろう。
だけど、韓国語だけは例外ともいえるようで、日本語と語順が一緒で、なんと発音がそっくりなので、取っ付きやすいらしい。
昔、韓国語を特訓していた友人曰く、今から始めても割と学びやすいので飽きないよ、とのこと。
なんとなく夢が膨らんだが、独特な韓国語の文字は暗号にしか思えない。

そよ風の吹く水曜の夜明けは読書を

現在のようにネットが普及するとは、小学生だった自分には全く分からなかった。
物を扱う会社はこれから先競争が激化するのではないかと思う。
ネットを使用し、できるだけ安価な物を発見することができるから。
競争が盛んになったところでここ最近で見れるようになったのが集客のためのセミナーや情報商材だ。
現在は、成功するための手段が売れるようになっていて、何が何だかわからない。
方法が目的になってしてしまいそうだ。

泣きながら踊る君と暑い日差し
だいたいは、なるべく無地のファッションが好きな私は、大変ビックリされるけど。
コルセットや靴やヘアーアクセサリーまで勢ぞろいで、全部使用したいと考えれば破産しそうだ。
なんとしても、ファッションは夢中になってしまう何かがある。

夢中で自転車をこぐ彼女と花粉症

師匠が一昨日チヌ釣りに近所のよく行く場所に出向いたらしいが、ちょっとしかかからなかったらしい。
餌取りがたくさんで、フカセ釣りがしにくかったらしい。
しかし大物のの50cmクラスが釣れたらしいから、いいなと思う。
一時前にもらって自分でさばいて口に入れたがとても味わい深かった。
50cmもあってうまい魚がいると知ってしまったら楽しみになるが、今すぐというわけにはいかないので今度だ。

気どりながら吠える子供と冷めた夕飯
北海道から沖縄まで、多くのお祭りが行われているようだ。
この目で確認したことはないのに、じゅうぶん知っている祭事は、秩父夜祭で、別名、冬祭りだ。
立派な彫刻を彫った、笠鉾と屋台の合計6基。
秩父祭り会館を見た際に、実際の様子を写したビデオや実物大の屋台と笠鉾を見ることができた。
12月に開かれるので、冬祭りという別名でも呼ぶようだ。
体験したいし見たい祭りの一つでもある。
逆に、夏に開かれているのは、福岡市東区のほうじょうえが有名で、生きている者の命を奪う事を制限するお祭り。
江戸の時には、このお祭りの間、魚釣りもしてはいけなかったという。
長く続く祭りも重要だが、私は屋台も同じくらい大好きだったりする。

泣きながら自転車をこぐあの子と飛行機雲

ちかこと福岡のアバクロに行った。
心からアバクロンビーのファッションデザインがお気に入り。
また、入った時のデザインと、この香りが。
3時間程みて、アバクロンビー&フィッチを出た。
チカコに言われて、私が道を占領して歩いていたので、失礼しました!と言って振り返った。
そういえば、店員さんだと思っていたお兄さん。
笑顔で、大丈夫ですよ、と言われた。
ビックリしたのは、抱えているショップ袋。
アバクロでいったいどれくらい購入したの?と聞きたくなった。
次に入店した、スターバックスでチカコとその男の人の収入当てで盛り上がった。
アンサーは永遠のなぞだけど。

よく晴れた祝日の午前は料理を
「絶対にこうで決まっている!」と、自身の価値観だけで周りを裁くのは悪い事ではない。
とは言っても、世の中には、ジェンダーと言うものが人間の周りに漂っている。
これらを考えれば自信を持つのは良い事だけど、強く否定するのはどうかな?と思う。
これ、一つの意見でしかないけれど。
生きにくい世になってもおかしくないかもしれない。

余裕で体操する君と読みかけの本

ほほえみって魅力的だなーと思うので、なるべく笑顔でいるように心がけている。
一応、場所と場合を見て。
でも、他人に押し付けてはいけない。
要は、一概には言えないが、個人的な価値観として。
会社にいる時は真顔で真剣に仕事していた人が、笑顔になった瞬間。
これも大好き。
笑い皺がある人が好き!とよく言う友達。
気持ちも分かるかもしれない。

のめり込んでダンスする友達と観光地
いつかの休日、私は友達と、東京から高速道路を利用し、サザンビーチに行った。
理由は、大好きな一眼レフで海を撮影するためだったが、上手に撮ることができない。
ビーチは久々だったので、写真に飽きるとヒールを脱いで海の中に入りはじめた。
しだいに飽きて、ビーチで小さな城を作ることをして遊びはじめた。
覚えている限りでは、それまでは、確かにそばにあった黒の一眼。
思いっきり遊んで、帰る途中、スタンドで私の一眼がケースごとない事にショックを受けた。
しょうがないと思いマンションまで帰ってきたけど、それからしばらく、最高にさみしかった記憶がある。
多くの記録が入ったあの一眼レフ、今はどの場所にいるんだろう?

ラクダ

Copyright (C) 2015 運動後に飲みたいカクテル All Rights Reserved.