運動後に飲みたいカクテル

「幻」のこと、どう思っているだろうか。「事実」とは、常識的にはどう考えられているんだろう。別に真剣に考えるってことも無いよ。
HOME

どんよりした仏滅の午後は焼酎を

人類の大半が水という研究もあるので、水分摂取は人類の基盤です。
水分補給をしっかり行い、お互いに健康で楽しい季節を満喫したいですね。
ぎらつく日差しの中から蝉の鳴き声が耳に入るとこの時期、普段はそんなに出かけないという方でも外出したいと思うかもしれません。
すると、女性だと日焼け対策に関してマメな方が多いかもしれません。
夏の肌のお手入れは夏が過ぎた頃に表れるといいますので、どうしても気にかけてしまう所かもしれません。
そして、すべての方が気になっているのが水分摂取についてです。
もちろん、普段から水分のとりすぎは、あまり良くないものの、この時期ばかりは例外の可能性もあります。
というのは、たくさん汗をかいて、知らず知らずの間に体から水分が出ていくからです。
外に出るときの自身の具合も関わるでしょう。
思いがけず、自分で気づかないうちにわずかな脱水症状や熱中症におちいる可能性もあるかもしれません。
夏のときの水分補給は、次の瞬間の健康状態に出るといっても言い過ぎではないかもしれないです。
ちょっとだけ歩く時も、小さなものでオッケーなので、水筒があったらすごく経済的です。
人類の大半が水という研究もあるので、水分摂取は人類の基盤です。
水分補給をしっかり行い、お互いに健康で楽しい季節を満喫したいですね。

自信を持ってお喋りする兄弟と私
一時期、体の状態が悪い上に、偏食と、睡眠の時間帯が変だったので、シミが多くなった。
嫌だなあと思い立って、生活リズムを送り、体にいい事をし続けようと情報収集をした。
数多くの雑誌で崇拝されていたのが、ニチレイアセロラジュースだ。
現在に至るまで毎朝飲んでいる。
レモンよりも肌に必要なビタミンCがたっぷり摂取できると言う話だった。
ヘルシーとビューティーは結局ビタミンから出来るのかもしれない。

湿気の多い休日の日没はビールを

梅雨がこないだ明け、今日セミの鳴き声を聞いて、少年は「今年も夏になったなぁ。」と感じた。
もうすぐ夏休みという休日の午前中、少年は縁側で空を見ながらアイスを食べていた。
頭の上では風鈴がときどき小気味いい音を立てていた。
朝から暑い日で、日差しが少年の座った足を焦がしていた。
少年は半ズボン姿だった。
頬を伝って汗が流れ、アイスクリームもとろけてきた。
少年は、近所にある屋外プールのプール開きを待ち焦がれていた。

薄暗い月曜の日没に昔を思い出す
友達のボーイフレンドが梅干しを販売しているらしい。
都内に本部があり台湾にショップもでき、関西の方に自社工場がある。
日本全国に、たまに、数人で組んだメンバーで試食会をするらしい。
夜中、こんな話を聞いていると、おなかがすいてきた。
梅干し食べたくなった〜!など言うと、たくさんあるよ〜!と言いながら出してくれた。
この友人と食べたこの梅干しが、今まででベストに美味しかった。
ここで、早速梅干しをオーダーしてしまった。

息絶え絶えで踊るあの子と夕立

晩酌に、グラスビールを一人で飲むのが習慣になっているけれど、最近はさらに、ワインも飲んでいる。
もちろん、翌日に誰かと会うような仕事をしないときに限定されるけれど。
家族と離れて暮らしていた時に、住んでた部屋の近くでワイン専門店を発見して、父の日のために買ったことがある。
私は少々見栄っ張りなので、「1万円の高級ワインを探しています」などと話して。
家族に届けた、ワインが1万円ほどしたことをついつい伝えると、父は気まずそうに「・・・うん、何かが違う」と言ってくれた。
他には何もいう事は、特にはなかった。
そのことから、あまりワインの質にこだわらなくなった。
あー幸せだと思える時間の友だったら、値段や質にはこだわる必要は、今のところない。

風の強い週末の夜はカクテルを
少し前まで、入社して多くの人に囲まれて属していた。
だけど、年数がたつにつれて、大勢で一緒に何かするというのに向いていないと痛感した。
残業の時間が長く、何名かで進めるので、仕方のない事だが、噂話が多数。
それを好きになればじょうずになっていけるのかもしれない。
だけど、放っておけば?としか思えないのだ。
その上、作業がスローな人に合わせるという辛抱ができない、早い人についていけない。
まともな人は、努力が足りない!と感じるだろうが、父には運命なのだと言われた。

薄暗い大安の早朝にカクテルを

今日の体育の授業はポートボールだった。
少年は、ポートボールは苦手なので、ふてくされて体操着に着替えていた。
きっと今日は、球技の得意なケンイチ君ばかり注目を集めることになるんだろう。
今日はおそらく、運動神経抜群のケンイチ君が活躍するはずだ。
そうなると、少年が思いを寄せている、フーコちゃんは、ケンイチ君がヒーローになるところを見るなるのだろう。
少年は「やれやれ」と言いながら、体育の場へと出かけていった。
だけどフーコちゃんは、ケンイチ君じゃなく、少年のことを何度も見ていたことを、少年は気付かなかった。

曇っている金曜の明け方に座ったままで
太宰の「斜陽」好きの私は、伊豆の安田屋旅館に足を運んだ。
同じく文学大好きの母。
目的の安田屋旅館は、作家の太宰がこの本の章の一部を執筆するために宿泊した宿。
部屋を進むと、ギシッと、音が聞こえる。
宿泊のついでに見せてもらったのが、彼が宿泊した二階にある小さな部屋。
シルエットのきれいが富士山が半分、頭を出していた。
道路を渡ってすぐの海にはいけすが作られていた。
このへんは足を運んだかいが大いにある。

余裕で吠える姉ちゃんとわたし

友達の自宅のベランダにて育てているミニトマトは、かわいそうなトマトかもしれない。
ぎりぎりまで水をあげなかったり、たまにミックスジュースを与えてみたり、OJをプレゼントしてみたり。
大分飲んだ私たちに、カシスウーロンを飲まされた時もあり。
ミニトマトの親である友達は、こんど興味でトマトジュースを与えてみたいらしい。
もうトマトの心は完全にシカト。

凍えそうな週末の午後に冷酒を
昨年まで完全に存在を知らなかったが、オムツのまま水に入れるというものがあるらしい。
都市部では、そのオムツをはいて入れることろと入ってはいけないところがあるとのことだ。
確かに、他人からしたら、水についてももれないオムツでもうんちなど中に存在しているオムツで同じところに入られたら、いやだろう。
だけど、しかし、親としては、プールにいれてあげたいと思うし。
そうは言っても、立場が逆だったら気分がいやだ。

ラクダ

Copyright (C) 2015 運動後に飲みたいカクテル All Rights Reserved.